つわり中に利用した飲食商品について

妊娠を複数経験した中で、それぞれにつわりの内容が異なりました。

共通する点は、初期のつわりにおいて、

特定のものを継続して飲食することが出来ないことでした。

ですので、数商品をルートして活用していました^^

①カフェインレスの緑茶

→あるメーカーさんの世界初の飲料だそうで、2015年に販売されたようです。

それまでの妊娠では、利用していません。

緑茶は妊娠前から一番好きな飲料でした。

妊娠すると味覚の好みが変わりますが、緑茶だけは変わらず好きでした。

ただ、飲みすぎると胃痛が・・・

②フライドポテト

→言わずと知れた、つわりフード!!

油っぽいし、塩気もあるので、つわりの種類によっては天敵かも?!

ただ、それまで食べられなくても、突然頭をよぎることがありました^^

③カ○ピス

→普段飲まない系の乳酸飲料ですが、何故か突然飲みたくなりました。

因みに、これの薄味がアン○サでありますが、こちらも箱買いしていました。

④いなり寿司

→何故か甘酸っぱいおいなりさんは口にすることが出来ました。

変わりに普通のお寿司は全く食べる気がしませんでした。

妊娠中は生魚を食べる事はやめたほうが良いので、ちょうど良いのかな?

⑤レモンティ⇔ミルクティ(カフェイン注意!)

→普段飲まない系の飲料その2です。

でも突然飲みたくなるんです。

コンビニで手にとって飲んでいました。

レモンティよりもミルクティの方が一般的にカフェインが多いとのこと。

メーカーや商品によっても異なるので要注意ですね。

【商品を選んだきっかけ】

①については、めちゃくちゃ飲みたかったから!につきます^ー^

ただ、カフェインレスが販売される前は、カフェイン入りのものをちょっとだけ口にしたり、

他の飲料(主に水)を飲んでました。

②については、知人の話を聞いていたためか、本当に突然思い出して食べたくなっていました。

因みに知人も私も、某大手ハンバーガー店のフライドポテト限定でした。

③は妊婦・育児雑誌の体験談を読んだことがきっかけです。

その時は忘れていたんですが、いざつわりが酷くなると、そういえば雑誌に書いてあったな。

飲めるかな?いや、飲めるな、と突然思い出しました。

④については旦那がどこから聞いたのか、突然購入してくれたことがきっかけでした。

これも時々食べられるものだったので、旦那といなり寿司に感謝感謝!

⑤は、本当に突然思いつきで買ってみたことがきっかけです。

妊娠前はブラックコーヒー派でしたので、全く眼中になかったのに、です。

食べられるものが少ないから、飲めるものが多くて助かったと思います。

【体験談】

連続しての飲食は難しかったです。

2日続けば3日休憩、また2日続けば・・・を繰り返していました。

最終的に、つわりは2ヶ月と長くなかったのですが、

飲料系に関しては、出産までずっと愛飲していました^^

【その結果】

大げさに言うようですが、「生きることが出来た!」と実感しました。

こんなに食べ飲み出来た私ですが、入院まではいかなくても、点滴をしていました。

吐きつわりが多かったので、食べては吐き、飲んでは吐きでしたが、

これらの商品から少しでも栄養を体に貯めることが出来ました。

本当に感謝していますm(__)m

どんな方におすすめか

他の方のつわりの体験談を聞くと、「トマト」「スイカ」「果物系」や「漢方薬」等の話が多く出ていました。

しかし、私はどれもダメでした。

トマトは酸味が、スイカは瓜系の匂いが、漢方薬は酷く苦く感じて全く受け付けられず。

また、フルーツ系のジュースもダメでした。

特に柑橘系は酸味で吐き戻していました。

もちろん、人によって、妊娠によって様々だと思います。

そんな私も、初めての妊娠時は異様な食べつわりでしたから^^;

苦しいつわりも一生続くわけじゃないって分かってます。

でも、本当に辛いんですよね;_;

どうかこの記事が、少しでも皆さまのつわりの助けになりますように!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です